スカイプの使い方

*従来版 Skype(デスクトップ版又はSkype for Windows Ver.8.25)に対する基本的な使い方について説明しています。

 

なお、ここではオンライン韓国語スクールでレッスンを受ける為に困らない程度の使い方に限定して説明していますので、その旨ご了承下さい。

 

以下はSkypeを立ち上げた直後の画面です。

基本的な使い方1

 

相手からの電話を受ける

相手から電話がかかってくると、以下のようにSkype画面の最上部右隅のところに着信の通知が表示されますので、「音声通話(受話器マーク)」又は「ビデオ通話(カメラマーク)」をクリックして応答します。

基本的な使い方2

 

*なお相手がビデオ通話で呼び出してきても、こちらが音声通話で応答した場合は、こちらの画像は相手側には見えませんので、顔を出したくない人は音声通話で応答してください。

 

すると、呼び出し音がなり相手を呼び出します。

 

相手が電話に出る(Skypeで応答する)と、通常の電話と同様に相手の声が聞こえますので、そのまま会話をして下さい。

 

通話中画面の操作方法

以下がビデオ通話中の画面となります。

基本的な使い方3

 

画面中に表示されている各アイコンの機能は以下の通りです。

 

アイコン1 音声・ビデオの設定

アイコン2 他のユーザーをこの通話に追加

アイコン4 スピーカーの音量変更

アイコン5 マイク音声をミュート(ON/OFF)

アイコン6 ビデオのON/OFF

アイコン7 通話を終了する

アイコン8 画面を共有する

*要注意!こちらのデスクトップ表示が相手に見られちゃいますよ!

アイコン9 スナップショット

*こちらで撮ったスナップショットは相手のメッセージ上にも表示されます。

アイコン10 反応を表示

*以下のような反応表示を相手側に送ることができます。

反応アイコン

アイコン11 その他のオプション(通話の保留など)

アイコン3 チャット画面を開く

*以下のように画面の左サイドにチャットエリアが表示されます。

基本的な使い方4

 

*チャット画面を開いていなくても、相手がメッセージを送ってくると以下のように表示されます。

基本的な使い方5

 

こちらから相手に電話をかける

まず電話をかけたい相手がアクティブ(オンライン)状態である事を確認し、相手の名前をクリックします。

 

相手の名前が初期画面に表示されていない場合は、「連絡先」をクリックして、そこから探します。

基本的な使い方6

 

以下の画面に変わったら、いきなり呼び出すのではなく、まずは「May I call you now ?」などとメッセージを送りましょう。

基本的な使い方7

 

相手からOKの返事が返ってきたら、画面右上のビデオ通話又は音声通話のアイコンをクリックして相手を呼び出しましょう。

基本的な使い方8

 

ここまでの説明以外にもSkype(スカイプ)には、もっとたくさんの機能がありますが、オンライン韓国語スクールに入校し、レッスンを受けるには、ここで説明している操作方法さえ覚えていれば特に困ることもないと思います。

 

もっと詳しい使い方を知りたい方は、インターネット上で「スカイプ 使い方」などのキーワードで探せばたくさんヒットしますので、そちらの方をご覧ください。